日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ウイスキー

マッサン見てるとウイスキーが飲みたくなり

うちにはもう無いよなあ~(最後に使ったのは、長男が
「ガスレンジの焦げをウイスキーで取る実験」以来)
と思っていたら・・・・・・

あったんですよ、開かずの酒3本の中の1本に
(ちなみにあと2本は超レアな焼酎)

オールドパー12。

値段的にいえば、あと2本の高級焼酎よりはお手頃ですが
需要的には全くゼロ

そんなら私が開けてもOKだ~ということで、開けてみようとしましたが・・・・

これ、どうやって開けるの?

なんだか試行錯誤して、試しにコップにそそいでみましたら・・・・・

あら、液体が出てきた(驚)

ネットで検索したら、「そそぎ口の根元にプラスチックの玉を取り付け、
中からウイスキーが出てきても外から入れられない構造を採用しました。」

なるほどー、すごいね!
さすが、ウイスキーやね

生で飲んで見たら・・・・・・

「うえ~煙くさい酒やな!」

と、まさにマッサン時代の日本人的反応

でもこのオールドパー12は、フルーティーで飲みやすいウイスキー
なんだそうな(ネットより)

それでも私は昭和、しかも精神的には昭和初期な日本人なので、
お湯でめっちゃ割ってみました。

そしたら、まあまあフルーティ。
なんか風邪に良さそう
体があったまる感じ

そういうわけで、たぶんこれから
娘の塾の送迎+道場の送迎のない週3日は、
オールドパー12年のお湯割りをチビチビと飲む楽しみが出来ました。

(なんか悲しい楽しみだけど、気にしない 笑)
[PR]
by juntumai | 2015-01-30 20:57 | つぶやき | Comments(4)

ビブリア、太宰、そして清張

ビブリアの6巻がいつの間にか出ていました。

d0220848_22382532.png


今回は太宰。
しかも私が好きな「駆け込み訴え」の稀覯本のはなしも含まれていて・・・・

正直、「走れメロス」以外は、「駆け込み訴え」しかまともに読んだことがなく
この2作品が入った短編集を持っていたはずだけど、「駆け込み訴え」しか
記憶にないのです。

それだけ「駆け込み訴え」が私の中で、強烈でした。

キリストを売ったユダの告白
ただひたすら、ユダの独白が綿々と綴られいて

初めて読んだときは
「なんじゃこりゃ」と思いつつも、どんどん引き込まれていき
しまいには胸が苦しくなり
読み終えた後は、すごい・・・・やっぱ太宰って天才なんだわ~
と思ったなあ・・・・・

それから太宰を見る目が変わったのですが
(メロスはあまり好きじゃなかったので)

それでもその後ほかの作品を読むことはなく、今日に至ります。
なぜだろう、やっぱり息苦しいからかな~
読む前から息苦しくなっちゃうからかな~そういうオーラが出てるからかな~

さて、息子の影響で「本格ミステリー」に目覚め、好きな作家は麻耶雄嵩に
なってしまった私ですが

なぜかぐるっと回って、現在は清張に戻ってしまいました。

やっぱり私は本格ものより、清張なのかなー

とはいえ、昔読めなかった、「赤い氷河」
「火の路」 などを本棚の奥から引っ張り出してきて
読んでいたところ・・・・

この前、宮崎の横穴墓群から大量の副葬品が
発掘され、これまたタイムリーなことで・・・・

そういうわけで、私の中で今、「横穴墓群」が
きています(あと、巨石かなあ~)


追記:

なんとネットで、駆け込み訴えの全文が読めるんですね!
もう100年経ったのかしら・・・・著作権が失われるのって
100年でしたっけ?(それとは関係ないのかな?)
でもヨコ書きだから、最初に読んだときと受ける印象が
違うような気がしました。
やっぱり、めんめんと、たて書きで読みたいかなあ・・・・
[PR]
by juntumai | 2015-01-24 22:56 | 読んだ本 | Comments(0)

成人式

長男が成人式のため帰省。
私も途中から見に行ってみました~






撮った写真は野郎ばっかり(笑)

やっぱり成人式は女子の写真がないとね~
でも1枚も撮らなかったんだわ(誰が誰だかわかんないし)

成人式の話をすると、「え?親も見に行くの?」と言われたりしますが
宮崎市は何年か前から中学校区ごとの成人式になったので、
親が行きやすいし(会場は中学校だから)
こじんまりとしてて、懐かしい人たちにすぐ会えるから
とてもいいのです。

普段から親同士はご近所さんたちなので、時々ばったり
会ったりしますが、子供たちがね~全然わかんない!!

女子は化けてるし、
男子はスリム化されてて(中には逆に太った子もいるが)、
髪も長くなってて
「誰?」みたいな・・・・・

とにかく「誰?誰?」の連続。

それでも同じ高校の子はわかりますね。
でも中学で離れちゃった子はマジわかんない。
きっとすれ違っても全然わかんないと思う

それでもやっぱり面影はありますから、
「あーあ、あの子ね!」と

うちの子はあまり変わってないので、子供たちからも
お母さんたちからも、「すぐわかった」と言われてて

すぐわかるから、割とみんなに話しかけられるらしく

ところが息子自身はあまり覚えてないのか、
「え?誰だっけ?」 という感じなんだけど
名前を聞いて、「あー、お前か!」みたいな・・・・・

そんなやり取りをしているであろう様子を、遠くから見てました。

小学校の先生も何人か来てくれてるし、中学の時の先生も
来てくれていて、本当に懐かしかった

行く前はちょっぴり憂鬱な感じの息子でしたが、行って
良かったと思います。
夜は深夜まで同窓会で、浪人していて成人式に来れなかった子たちも
合流してきて、本当に楽しかったみたい。

これが女子だったら、色々大変だったと思いますが
(それもまた親の楽しみのひとつでもありますが)
男子はラクで助かった(笑)
何年後かの娘の時がまたどんなやろね~ と
(まあきっと、あっという間だろうね)

お昼は元野球部の母4人とランチに行きましたが、
私と同い年で孫がいる人がいて、孫の話題に。
この年で孫自慢の話題になるとは
思わなかった(笑)
(自分も若くして結婚し、若くして子供を産み、
一人目の子が出産して孫が出来たってパターン
息子世代ではなく、上の子が産んだ孫ね。
そんな人が元野球部で3人はいます。)

子供といえば、今年は子連れ成人式が誰ひとりいなかったのも
この学年らしいといえばらしい かも

みんなに「親としての節目だね~おめでとう」 と言われますが
まだまだ全然「こども」なんですよ、これが。
就活、就活いうけれど、荷物開けたらスーツもクリーニング出してないし
シャツもしわくちゃだし、こんなんで一人でやれるの? と心配です。

(翌日の買い物で、就活用のスーツやらカバンやらワイシャツやらネクタイやら
・・・・・もろもろ5万くらいは飛んで行きました。ホント、お金がかかる~)
[PR]
by juntumai | 2015-01-14 09:07 | こどもたち | Comments(4)