日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

誰も寝てはならぬ

宮崎国際音楽祭も20年を迎え、私が宮崎に嫁いでから22年になりました。
私の宮崎生活はまさにこの音楽祭と、シーガイアの歴史に連動していて
「お互い、頑張ったよね」 と同志的な思いもありますが、それはさておき

音楽祭に関しては、ほんのいっときですが、案内係として働かせて
もらったこともあり、音楽祭の前の研修や当日のお仕事など、
我が人生においても数少ないスペシャルな経験でした。

今回のプログラムを見て、最終日のトゥーランドットに強く惹かれ
一番安いバルコニー席(2000円)を取って、ひとりで観賞となりました。

なんの予備知識もなく、「誰も寝てはならぬ」は荒川静香のイナヴァウワー
の曲・・・・・としか知らなかった、ど素人の私。

今回は演奏会形式、原語での上演。
でも字幕があったから助かった(逆に字幕がなかったら・・・と思うと
おそろしい・・・)
しょっぱなから、ぐぐぐーっと惹きつけられ、前のめりで観賞
(実際バルコニー席では、前のめらないと、歌手たちが見えないので)

紫禁城で一部始終を見ていた民衆のひとりになりきったような
感覚でした。

「トゥーランドット姫をシューイン・リー、韃靼の王子カラフを福井敬、
奴隷娘リューを岡田昌子、旧韃靼王ティムールを伊藤純、
ピン&パン&ポンを迎肇聡・清水徹太郎・二塚直紀。
合唱が浅井隆仁指揮の宮崎国際音楽祭合唱団(宮崎県合唱連盟有志)
という顔ぶれである」
(「東条碩夫のコンサート日記」より抜粋)

不覚にも、全く知らない人たちばかりでしたが、後で色々検索してみて
特に福井氏は日本のトップテナーでした。ユーチューブにも
たくさんアップされています。
こんなふうになんの予備知識もない私ですが、
実際、彼の「誰も寝てはならぬ」は素晴らしかった!!
失礼ながら、男性にしては大きくないし、小さい体型なのに、どこから
声が出せるんだろう? と思って見ていたけれど・・・いやいや、
最初から圧巻でした。

ピンポンパンのお三方も素敵だった。ビジュアル的には
このお三方が目を引きました。

何よりもリュー役の岡田さん。
失礼ながら、主役のトゥーランドットよりもリューのほうが
食ってしまっていたように思います。
ストーリー的にどうしてもリューに分があるのは否めないが
なんというか声量が、リューのほうが優っているように思えました。

そのことをうっすらと感じていて、でも私は素人耳だしなあ・・・と思って
いたら、例の「東条碩夫のコンサート日記」さんによると、
2人の歌い方のタイプを考えると、役を交換したほうがより
よかったのでは・・・・ということでした。
うんうん、私もそう思ったのよホントに。
(ただビジュアル的には、おのおのの役で合っていたように
思う。)

大ラスの、トゥーランドットが「愛」と叫び、宮崎合唱団の
「誰も寝てはならぬ」の大合唱に、涙がとめどめもなく流れ
恥ずかしながら声を出さずに心の中で大号泣(笑)

会場はなりやまぬ拍手の嵐にスタンディングオベーション
終わっても離れがたい舞台とはこのことなんだ・・・・ということを
実感しました。
歌手もオーケストラも、合唱団の皆さんも、会場も一体となって
いつまでも余韻に酔いしれている様子に、また鳥肌が立ちました。

帰りはチャリで「誰も寝てはならぬ」を口ずさみながら帰りました。
思い出すと涙がこぼれそうになり、実際こぼれたけれど・・・・
いやいや、本当に素晴らしかった!!
来年もぜひ行こう。
来年もオペラ演奏をやって欲しいな。
[PR]
by juntumai | 2015-05-19 10:38 | おでかけ | Comments(2)

64

NHKでドラマ化される前に、原作を読んで「これはおもしろい」と
思った「64」
d0220848_2042155.png


正直、横山秀夫の作風はしつこい感じがして、好きかどうかというと
それほど好きではないのですが・・・・・
(上巻はやっぱり濃かったなあ・・・・)

でもこれは本当におもしろかった
なので実写化がとても楽しみでした。

でも実写化が難しい部分もあるし、実写化のほうがよく伝わる部分もあるし

特に伝わったところは、昭和64年の誘拐事件のところ・・・・
これは実写化ならではの緊迫感
また、段田安則の迫真の演技によって、「犯人に引き回された父親」の
心情よく伝わり、犯人に対しての怒りをストレートに覚えました。

そして報道協定が結ばれて、2課長が報道陣によって
捜査本部を何回も往復させられる場面
これも実写化ならではの迫力。
ピエール瀧も2課長役の若者(名前わかんないけど)も、よく走った

でも第2回あたりから、視聴率が低いためにネットで叩かれていたけれど
視聴した人は「いいドラマだった」と大絶賛。

私が「よかったな」と思ったのは、昭和とくに64年平成初期にかけて
活躍した俳優さんを多く使っていたこと

萩原聖人、吉田栄作、高橋和也、柴田恭兵・・・・・うーん、バブルの匂いがする(笑)

一瞬見た時は、みんなわからんかった(柴田恭兵以外)
ちょっと年取っちゃったな、劣化しちゃったな・・・・と思いましたが、
見慣れたらやっぱり懐かしい。

久々、録画見るのが待ちきれずにリアルで見ちゃったドラマでした。
視聴率なんて気にしないで欲しいな・・・・
映画版は佐藤浩市だけど、原作読んでいたら佐藤浩市はありえないですね。
ピエール瀧ともまた違う・・・・・でもピエール瀧はよかったよ
(滑舌は確かに悪かった 笑)
[PR]
by juntumai | 2015-05-17 20:39 | 読んだ本 | Comments(0)

火山の国

GWは近場をちょこっとウロついただけで、基本ダラダラと過ごしていました。

d0220848_20354397.jpg


佐土原高生が作ったサンドアート。花とコラボだそうです。

箱根が噴火しているようですが、箱根に限らず日本各地で噴火が
あいついでいて、桜島も去年の噴火数を既に超えているとか・・・・

そんなときに、読んでいます、石黒燿 「死都日本」
d0220848_20413060.png


宮崎と鹿児島にまたがる霧島が大噴火するのですが・・・・・
南九州は壊滅状態
宮崎で生き残るのは奇跡ですね。
24時間どうにかして生き延びたら、救助がくるっていうけれど
まず火砕流に襲われるから、普通に市内にいたらまず助からない

田野のほうに行って、鰐塚山に逃げ込めばまだ万にひとつの望みが
あるみたいだけれど、そこまで行き着くまでに多分ダメだろうな・・・・

宮崎県民は必読だと思います。火山のすぐ近くに
住む者として、知っておかなければならないことが
たくさん書かれています。
怖いわ~

(この状態で川内原発を再稼働させるなんて・・・・・・
怖すぎる)

このサンドアートはイザナギだったかな・・・・・
古事記の話しは、火山の噴火を現していて、
人類に警告を発しているという石黒さんの説が、大変興味深かかったです。

あー、ホントに怖いわ~
[PR]
by juntumai | 2015-05-07 20:31 | 読んだ本 | Comments(0)