日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あさが来た

下町ロケットにつづいて、朝ドラ歴ウン十年の私としては
触れなきゃならんでしょう「あさが来た」

はい、これは玉木宏バンザイ!につきますね~

久々、「千秋パイセン!」以来の出来だと思いませんか~??

玉ちゃんのカッコ良さを毎日毎日見られるとは・・・・
ファンでない私でもそうなのですから、往年のファンの
あの人はどんなでしょうか・・・・この前会ったのにそういう
話をする機会もなかったのが残念ですが

(その人は、玉ちゃんファンクラブに入っていて
何年か前にハワイのファンミーティングにも行っており、
玉ちゃんと肩を組んだ写真も見せてもらいました)

なんてまあ、江戸時代のズラが合うことでしょうか・・・
あれほど合う人は、大番頭さん以外に見当たりません
(友近がちょっと気になってる大番頭はんですね)

いまのところザンギリ頭を嫌がっている新次郎はんですが
ザンギリ頭も超似合いまっせ!
(ちょっと前に新キャストとともに発表になった画像を見て)

それにしても・・・・・
職場の先輩大人女子が言われてましたが

「はるちゃんがかわいらしいので、そういうイメージで見てたら
実際の広岡浅子は全然違うのね!」
「あんな人でも、夫はあんなにいい人だったんだろうか??」
(うん、うん。私もそう思ったが、実際そういういい夫だったらしいよ)

ネットで広岡浅子さんの写真を見ると
「あさが来た」エピソードがぴったしハマる風貌ですよ。
あれくらいの風貌じゃないとリアリティに欠けるかな

はるちゃんは美しすぎるのが難点だけれど
坑夫さんたちに啖呵きった場面は、まさに夏目雅子の
「なめたらいかんぜよ」を彷彿させて、オッケーだったな~

原案となった「土佐堀川」を買おうか迷いましたが、
パラパラと読んでみて、史実としては面白いけれど
小説的な面白さは感じられなさそうだったので
買いませんでした。

その代わり、「ロスジェネ」を買いました。
池井戸作品の銀行もの(ほとんどが花咲舞関連)
は、なんと7冊持ってる勘定に・・・・・
(いい加減、もうやめようと思いつつ、なぜか
買ってしまう池井戸本)
[PR]
by juntumai | 2015-11-24 20:20 | 読んだ本 | Comments(2)

本屋で思うこと

大好評の下町ロケット

d0220848_2073662.jpg


もちろん私も毎週見てます。
遅ればせながら、原作も読みました。

読んで後悔

今、読むべきではなかった・・・・・

これほどまでに、ドラマが原作に忠実だったとは
思わなかった
あまりに忠実で、原作読むのがダルかったほど
(逆に映像化される前に読んでも、面白さを感じられた
かどうか・・・・・ちょっと微妙かも)

なので、私みたいに「文庫化されるまで読まんぞ」
という人以外は、今出ている「下町ロケット2」を先に
読んでおくべきかもしれません
(原作派は特に)

出版不況と言われて久しいけれど、某大手Tに行くと
必ずしもそうでないかも・・・・と思います。
まずお客の数が多い
レジで買ってる人が多い

Tを見る限り、まだまだ本を買う人がいるということに
安心感を感じますが・・・・・

でも他の本屋はどんなでしょうか・・・・

Tは駐車場がメンドーなので、何を買うか決まってる場合は
国道沿いのMに行くことがよくあるのですが

たまにMに行くと、掘り出し物が見つかる
掘り出し物といっても、都会では普通に売られている本かも
しれないけれど、後日Tで探すとなかったりするのよねー

例えばMで見つけた、「一千兆円の身代金」

d0220848_2081135.jpg


これ、フジテレビで香取慎吾で映像化されたみたいだけれど
Tでは在庫なし。

内容が内容なだけに、国から圧力がかかったのか?
とか思ったわー

下町ロケットと抱き合わせ?で買ったのだけど、
正直、インパクトでいえば「一千兆円の身代金」のほうが
圧倒的だった
(「オリンピックの身代金」に似た匂いが感じられました。
あれもこれから東京オリンピックに向かって無視されるだろうしね)

そんなわけで、Tはあまり信用できないと思いましたよ
ほんとに読まなきゃならないものを見つけるのは
他の書店だね

といいつつ、この雑誌は宮崎ではTしか取り扱ってないのが
モヤモヤしますが・・・・

d0220848_2011649.jpg


「うかたま」

先日、図書交換会でタダで2冊ほど手に入れて、すっかりハマって
しまいました。
暮らしの手帖にちょっとカブっている感じだけれど、
食と農に特化しているので、私には合ってます。

ここまで書いてて思いましたが・・・・・暮らしの手帖にカブせてるのも
陰謀的な感じがするなーこの出版社、もともとは農水省所管だしなあ
(TPPには絶対反対という立場を貫いていますが)

やっぱり、買うなら「暮らしの手帖」なのかな~
といいつつ、この号は買ってしまったよ(笑)
[PR]
by juntumai | 2015-11-23 20:14 | 読んだ本 | Comments(0)

昨日のプレミア12

昨日のプレミア12の敗退の話しで、職場の話題は盛り上がりました。
(正確に言えば、私を含めて3人の「大人女子パートさん」
だけで盛り上がったのだけど。それも3人とも子供の少年野球
にどっぷり浸かった人たちね)

だってね
娘の塾の送迎から帰ってきて、テレビつけたら
9回表、ノーアウト1・2塁じゃないですかっ!
なんでいつのまにーーーーー???と目を疑いましたよ

大谷のあれだけのピッチングを見たあとだっただけにね

それからは色々、あれを見ていた日本国民が思ったことを
すべて思いましたよ。

大谷のままでよかったんじゃね?

松井はわずか20歳でこんな場面に登板で・・・・かわいそう
(しかも球審、ストライクを全く取ってくれないし)

おかわり!!
なぜ、初球からいくかね!高校野球じゃあるまいし
しかもボール球じゃねーかよっ!

やっぱ、イ・デホがね・・・・打つと思ってたよ正直。

小久保監督も言ってたけれど、7回8回で追加点取れなかったのが
ダメやったね・・・・・韓国相手じゃ3点差は不安だもの

(まだ大谷が三振の山を築きあげてる最中のことですが)
でもこれでいくと・・・・・決勝は誰が投げると?
マエケンか、もしや武田??マジで武田???
(結局決勝いかなかったけどさ)

私と次男が見ながらつぶやいていたことを、すべて大人女子パートさん
たちも言ってました(笑)

腹の虫が収まらない大人女子たちは

「韓国ベンチがうつるたびに、むかついた」

「マウンドに旗立てたらどうしようと思った(以前あったなーそういえば)」

「娘の同級生でイ・デホに似てる子がいて、家族中がその子の
名前で盛り上がってた」

とまあ、これぞ「日韓戦」という舌鋒を繰り返していました。

やっぱりどっちも真剣だからこそ、ここまで盛り上がるよねー

あとの国たちは、やる気ゼロだっただけにね

ここまで盛り上がったのは韓国のおかげだと私は思いますよ~
(と、一応フォロー 笑)
[PR]
by juntumai | 2015-11-20 19:54 | つぶやき | Comments(0)

さいたま国際マラソン

日テレが地上波でなかなか映らないために
すっかり出遅れていたのですが

今年から横浜国際女子マラソンの代わりに
「さいたま国際女子マラソン」になったのですねー

不覚にも30分遅れで、慌ててケーブルTVにチャンネル
合わせましたよ。
地上波では放送されないので(宮崎ではね)
30分も遅れをとってしまった・・・・・

その30分のあいだに、うちの実家のすぐ近くを通って
いたのではないか~~~

なんたる不覚!!

元々マラソ中継が大好き、駅伝中継はもっと好きなのに

地元さいたまの中継を、なんと30分も見逃すなんてね!!

正直、レース展開そっちの気で、周辺の景色ばかり
チェックしていたわ~

一番盛り上がったのは、後半40キロ
旧中山道と、北浦和駅周辺ですよ

「あれ?ここ、うちの高校じゃない?」

と思って大騒ぎしてたら、うちの高校じゃなくて
本太中学だった(笑)

オリンピック選考会の国際試合が、すぐうちの近く
を走っているという楽しさ!!

ホント、ありがとう~ と言いたいです。

でも陸連の反応からみると、どうやら吉田さんは
選ばれないみたいね・・・・・次の大阪、名古屋の
結果次第だけどね。

どーも、市民ランナーは選ばない っていう原則が
最初からありき という感じで気に食わないわ~
まあ、オリンピックはお金第一だからね仕方無いよね

吉田さんは、川女出身で、積水化学に資生堂だっけ?
有名実業団に所属経験あるけれど

埼玉で国際マラソンが開催されると聞いて、
「これに出よう」と照準を合わせてきた気持ちとか
わかるわ~

私ももしマラソンとかやってたら、市民ランナーの
ひとりで参加したいなーとか思ったよ
(100mも走れないのに)

例えリオでこの大会から選ばれる人がいなくても
(でもエチオピアの人が選ばれないだろうか?)
来年も絶対に見ようと思ったのでした。
来年はスタート前から見ないとね!
[PR]
by juntumai | 2015-11-15 19:48 | つぶやき | Comments(0)

いつかアンデルセンを・・・

今年の小学校のおはなし会はOBとして参加させてもらいました。
OBになったからか、色々客観的に見られるようになり、前は
「ここはこうしたほうが・・・・」と色々思ってすぐ口に出していたのですが
(お局さまみたいに)
今は思っていても口にしなくなったなあ~

というのは嘘で(笑)

どうしても・・・・という部分に関しては
「こうしたほうがいいと思う」 と言ってしまいます。
でも言える人と言えない人がいるから、そこは言っても
「あ、そうか」みたいに納得してくれる人を選んで言って
ますけどね~

そんなふうにイバってるけれど(笑)
自分は散々 です。

今年は日程の関係で、4年生と2年生に入らせて
もらったのですが、まず4年生。
あたらしく覚えた、「たからさがし」スペインの昔話
(実業の友社 子供に語る「世界の民話」より)

あれを語りの会でやったところ、親しくしている
先輩さんに「もっとあなたに合うはなしがあるから
違うおはなしに代えたほうがいい」 と言われました。
(ちなみに一緒に組む人は「アナンシと五」をするので
バランスを考えて選んだおはなしだったのですが・・・・)

やっぱり?
私がイマイチ気が乗ってないのがわかって
しまったか・・・・・

元々は最後の王様の決断が好きで、覚えたおはなし
なのですが

先輩さんのアドバイスも無にして、
それでも強行したら、やっぱりイマイチだったなあ~(笑)
1時間目はよかったけれど、2時間目がダメやった

そもそもなぜこのおはなしにもひとつ身が入らないのか
考えたところ
「ピンチがないから」

やっぱり私は、おはなしの主人公がピンチにあって
それを誰かの助けもあって、色々乗り越えた上で
幸せになるおはなしが好きだなあ~
(人生山あり谷あり的な)

それか意地悪ばあさんがでてくるおはなしが好きだなあ~

ということに気が付かされました。

2年生は相方さんとの兼ね合いもあり、最初に予定していた
「屋根がチーズで出来た家」をやめて、「馬の首」にしました。
(相方さんが「かたやきパン」が出来るというので、そっちを
優先して私はおはなしを代えたわけです)

このおはなしを小さい子にするのは初めてです。
対象は6歳から になってるけれど、
やっぱり大きい子のほうが本質をつかんで聞いてくれる
かなあ・・・・という印象でした。
小さい子なりの楽しみ方をしてくれて(終わったあと
「なんかゾッとした」と言ってる子がいて)、これも勉強に
なりましたけれどね。

今回は、途中でアンデルセンにハマってしまい
「豆の上に寝たおひめさま」 を覚えました。
(実は2年生にしようと思っていたのですが、これまた
先輩さんに「やめておきなさい」 と言われ断念しました)

いつかどこかで(たぶん中学で)、豆の上に寝たおひめさま
をしようと思ってます
(クリスマスに「マッチ売りの少女」を聞きたいなあ・・・・・)
[PR]
by juntumai | 2015-11-11 16:35 | 語り | Comments(0)