日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

1974年

先日、小学校の支援学級の読み聞かせの時に
先生から、
「いつもどうやって本を選んでるんですか?」と
聞かれました。

その先生は、いつも読み聞かせを楽しんでくれて
「おもしろいわーー!!」と、お世辞ではなく言ってくれる
先生で、前に「これは先生の前でどうかな?」とビクビク
しながら読んだ、「なっちゃうかもよ」 も

「ナイスチョイスでした!!」
と絶賛?してくれた先生です。

今回も、クリスマス時期の私の定番
かがくいひろしさんの「がまんのケーキ」
とか、持久走大会真っ最中ということで
「おやおや おやさい」とか

それと、前日に図書館で見つけた本
長新太さんの復刻版
「みんなでつくっちゃった」

d0220848_10722.jpg


全部楽しんでくれて・・・・・(子供たち以上に)

この長新太さんの「みんなでつくっちゃった」
1974年当時の新聞が動物たちによって
いろんなものに変身されてるのですが

この1974年の新聞(の切り抜き)を見るのがとても
楽しいです。
ただ読み聞かせに向くかというと微妙なところで
支援級のような少人数で、絵本のすぐ近くで
みんなが見れないと面白くないですけどね。
図書館のおはなし会で閑散としてる時にも
オススメかも 
(←この前なんか女の子が一人だけだったよ 笑)

中でもテレビ欄を切り抜いてるページがあるのですが

仮面ライダーV3とか、ゲッターロボとか
アタックチャンスの司会は田宮二郎だったり
3時のあなた だとか
ちゃんと4時からは魔法使いサリーが放送されていたりとか

「あなたは1974年、何をしてましたか?」的な感じで
タイムスリップした感覚になります。

6年生の男の子や、先生たちが
大変喜んでました。
直前に6年生が怒られていて、ちょっと微妙な空気感
があったのですが、これを1冊目に持ってきてみんなで
ワイワイ見てたら、明るさが戻ってよかったなー

「どうやって本を選んでるんですか?」 と聞かれ

「え?・・・・・自分の趣味です・・・
だから、真面目な本がひとつもなくてすみません」

と言ったら、6年生の男の子がつかさず
「いいんですよ」
と言ったのがおかしかったなあ~

そんなふうなので、支援級の読み聞かせは
だいたい固定されたメンバーで入るのですが
私は続けて入らないようにしています。
じゃないと、やっぱり偏ってしまうからねー
それに真面目な本も誰かが読んでくれないと

「真面目な本がひとつもない」 とか失礼なことを
申し上げましたが、一見真面目には見えないけれど
「楽しませよう」と真面目に頑張っている作り手さん
たちのセンスがある本が好きですねー
(ということを、ホントは言いたかったの)

支援学級の読み聞かせ
1.みんなでつくっちゃった
2.がまんのケーキ
3.おやおやおやさい
4.ケーキになあれ!
[PR]
by juntumai | 2015-12-18 10:23 | 図書ボラ | Comments(0)

夕飯

今年は長女と大バトルを繰り返した1年でしたが
年末の今は小休止状態。
お互い、「ここまで言ったらあかんなー」という頃合が
わかってきてて、デットゾーン一歩手前まで食い止める
技を身につけてきました(お互いに)

そんな長女が、帰宅直後必ずいうのは
「今日の晩御飯、なに?」

私は冷蔵庫であるもの で作る人なので
直前まで決めてない場合が多く

「まだ決めてない」 と答える日が多いです

ダイエッターの娘がなぜ今日の晩御飯を気にするのか
ダイエッターだから気になるのか
お腹が空いてるから気になるのか

ちなみに、本日のメニューは

・根菜のシチュー(かぶ にんじん えりんぎ 豚肉 白ネギ)
・ホルモン炒め(ホルモン、キャベツ、ニラ)
・じねんじょのフライ

で、ございました

週に1回、野菜は安売りでまとめ買い
しています。
少ないお肉も野菜があればなんとかなる!(笑)

こうやって、夕飯のメニューを思い出すと
昨日の夕飯のメニューがすぐには思い出せない・・・・・

認知症予防もかねて、昨日のメニューを思い出すと

・てりやきチキン(鶏むね肉、ブロッコリー、白ネギ)
・ラタトゥユ(ズッキーニ、ナス、エリンギ、トマトの水煮缶)
・とうふとザーサイ、ハムの冷やっこ

(これって夏っぽいメニューだな・・・・・でも材料は安いよ)

さておとといの夕飯は・・・・・・
というと、全然思い出せない!!

皆さん、思い出せるのでしょうか・・・・・
どんなに頑張っても思い出せないのは
ヤバイのかな・・・

その後・・・・・
思い出しました。
日曜日はみんな色々事情があってお腹がすいてない
というので、とりあえず焼きそばを作るも、ほとんどを
翌日以降の弁当にまわしたんだった
それじゃあ、なかなか思い出せないのもムリないね!
(ということにしておこう)
[PR]
by juntumai | 2015-12-15 20:44 | つぶやき | Comments(0)

さりげないクリスマスもの

12月の読み聞かせは、6年生と支援級に入ります。

以前から、高学年にどうかしら?と思っていた
「水曜日の本屋さん」 を借りに図書館に行きました。

d0220848_913772.png


ちょうどそこで、読み聞かせ仲間に会ったら、
6年生に向くクリスマスの本をお探し中とのこと

私が、「この水曜日の本屋さんは、こう見えて
クリスマスものなのよー」 と見せたら、

「こういうさりげないクリスマス がいいんですよ~
他に何かありませんか?」 と聞かれ

いつも読む、「きょうりゅうがすわっていた」 とか
「ハックション あれ?」 を勧めました。
(ハックションあれ?はクリスマスなんかほんの一瞬しか
出てこないけれど、今から花粉症の季節まで使えます)

クリスマスど真ん中で、ひねり系といえば
「いじわるシャルル」 もあるよー とか

そんなことを言ってて、一緒に探したのですが
すべて貸し出し中。
「ハックション あれ?」だけはありました。

貸し出されてなかった「ハックション あれ?」とか
「水曜日の本屋さん」 は、内容を知らなければ
クリスマスが出てくるなんて思われないからなあ・・・・

さて、読もうと思っていた「水曜日の本屋さん」は
家で読んで見たら、やっぱり大人向け的な感じがして・・・・

いい話しだけれど、小学生よりももっと上の世代だね
小学生にはもったいないかも と思い

いつもの「きょうりゅうがすわっていた」 にしました。

そして、おはなし(素語り)は、いつかどこかで
やろうと思っていた中国の昔話
「地主の頭は何斤か?」を初披露

これは言ってみれば、とんち話的なおはなしです。

地主の出す3つの問題の解決方法を
わかっちゃって身振りでやってる子も何人か
いました。
さすがだねー小学生は頭がまだまだ
柔らかい!

ついでに言えば、「へびのみこんだ なにのみこんだ」も
一番正答率が高かったなあ(私は後半、影絵部分を
見せず、ある程度反応を見てから見せるようにしてるので)

きっとこの6年生のクラスは、賢い子が多いのでしょうね
そんなら「水曜日の本屋さん」でもよかったかなーと
思ったけれど、やっぱり「きょうりゅう・・・」のインパクトは
ここでもかなりあって、小学生はまだこれかな と
思いました。

****

6年生の読み聞かせ
1.へびのみこんだ なにのみこんだ
2.(語り) 地主の頭は何斤か<こぐま社「中国の昔話>
3.きょうりゅうがすわっていた
[PR]
by juntumai | 2015-12-11 09:07 | 図書ボラ | Comments(0)

テレビネタはつづく

毎週、某Tで昔のドラマのDVDを借りてくる夫が
「リーガルハイ」の第1シーズン第一話を借りてきた

一緒に見たところ、いろんなことが改めてわかり
色々有意義でした

田口淳之介がジャニーズやめちゃったら、
「リーガルハイ」の再放送やら、続編やら
無理になってしまうのかなあ・・・・・・

それよりも!
びっくりポンなことが
(はい、使ってみました、朝ドラ用語)

第1シーズン第1話の
原告側の証人に
あの、はるちゃんが出てるではないかーーーー

しかも、結構なにげにキーマンじゃないか~

キーマンといえども、本当にチョイ役で
(それでも印象に残らなくはないけれど)
「ああ、下積みが長かったんだなー」
と、感無量でした。

朝ドラも何回もオーデション受けたみたいだし
(「純と愛」も受けたらしいけれど、受からなくて
よかったね)

名を挙げるっていうのは、本当に難しいのですね。
実力とか美とか関係ない、「神様のお導き」&「時期」
があるのでしょう、きっと。
(努力もあるかと思いますが・・・・でもみんな努力は
してるんだしね)

でもお笑いの世界って「美」でもないし「実力」でもないような
気がするし、努力はみんなしてるという前提で見ると
売れる要素ってよくわからんなー
その場の「勢い」なのかなー
(&「時期」なんだろうねきっと)

・・・・・・・と、M1見てて思いました。

M1、正直、あんまりおもしろくなくて
唯一大笑いしたのは、チャンピオンが決まる前の
ノンスタのユニクロのCMだけだったな~
[PR]
by juntumai | 2015-12-08 19:32 | つぶやき | Comments(0)

コウノドリ

ドラマの話しばっかりになりますが・・・・・

今期、めっちゃハマったのが「コウノドリ」

でもオンエアは先々週から見始めたばかりで
1話から5話まではユーチュブで見たってやつです(笑)

なんといっても吉田羊がいいですね。
ああいう助産師さんっているよねきっと
と思わせるくらいのハマリ役。

いままでの吉田羊って「デキる女」役
(でもちょっとイタい感じ)が多かったけれど

この吉田羊は、デキるかつ人情味あふれてて
本人のコメントいわく
「自分が出会ったすべての人を愛する小松さん」
に徹していて、それが伝わってくるのです。

(私もそのコメント見てハッとしました。
これからは、自分が出会うすべての人を愛そうと思ったな~)

思い起こせば、私が当たった助産師さんは、おばあちゃんか
ベテランさんで・・・・・あんなに優しい言葉をかけてくれる
助産師さんではなかったところが正直なところ
唯一、大阪の産院で当直に当たった助産師さんが
「ゴッドハンド」だったなー

その助産師さんに出産後、
「すごいですねー。ひとりでも産めましたよ」と
言われたのがとても嬉しかったなー

とか、色々思い出しました。

お産のことはもちろん忘れられないけれど
それに続く育児のほうが色々ツラいよね。
大変よね。

そういうこともキッチリ描いているドラマなので
(それに対して吉田羊の「助産師 小松さん」の言葉が
いちいち沁み入るのだけれど)

ユーチューブで見ながら涙涙 でした

あの金曜10時は要注意よね。

前の表参道合唱部も録画しておけばよかったーと
ユーチューブ見て思ったしね
(合唱フリークの私としては・・・・不覚でした)
[PR]
by juntumai | 2015-12-01 20:19 | つぶやき | Comments(2)