日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

しゃぼん玉

宮崎の椎葉を舞台にして、来春公開されるという映画
「しゃぼん玉」
原作は本当に薄い文庫本で、昼前に買って夕方前には
読み終えたのですが・・・・
果てしない感動と、号泣(涙ぼろぼろ)
でもこれって、私が宮崎県民だから?
椎葉の現状を多少なりとも知っているから?
全然関係ない人が読んでも、同じように感動してくれるの
かしら・・・・

d0220848_19374517.png


きっと私と「同じように」は感動しないと思うけれど
一般的に考えて、やっぱり泣けると思います。

ただ私はいろいろ複雑でした。

多少なりとも限界集落・・・いえ、今は「いきいき集落」
と呼ぶのですよね。
過疎の村の現状は、都会で暮らす人よりかはわかるつもりで
います。

田舎の人が純粋に「いい人」かというとそうではないしね。
「しゃぼん玉」でも、読む人によっては
例えば私のような読者は、全面的に「いい人」ではなく
「したたかさ」のようなものを随所に感じました。

主人公の正体をある程度想像はしてたよね
「こんな田舎に住み着くのは訳ありだよな」とか
カタギではないかもなーとかね

村人たちグルになって
「スマさんちの孫」ということにしておけー
みたいな気持ちは、多少なりともあったよね とか
(田舎の人を見くびったらアカンよー)

根は排他的
でも村の現状を考えてみたら
「来るもの拒まず、されど、去る者追わず」

基本、みんなこのスタンスですよね
村の人たちは、きっとね

そういうことを薄々気が付いているうえで
最後はやっぱり号泣でした。

みんな誰かに自分のこと、認めてもらいたいんだよね・・・

親は子供を意識的にでも認めてやることを
繰り返さないとダメなんだな

ということもよくわかりました。

そしてそれを口に出して、しょっちゅう言わんと
ダメなのかなー
今の子は特にね

来春といわず、今やって欲しい映画です
(来春なんて・・・・きっと私が冷めちゃってるわ)
[PR]
by juntumai | 2016-05-05 19:35 | 読んだ本 | Comments(2)