日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

子供たちありがとう

今年も小学校のおはなし会に参加することができました。

3番目の子供が卒業して2年、
いつまでこのおはなし会に
関わることができるかしら?
去年も、おはなし会が始まるまではなんとなく、
もう私なんかは引っ込んだほうが
いいのかな・・・と思うことが多々あり
今年は特にその感が強かったのですが

やっぱり一度子供たちの前に出ると、
そんな思いも払拭させてくれますね・・

《このおはなし会は授業時間を使って1クラスずつ
図書室で行われます。プログラムの流れは、前半
絵本、中盤が素語り、後半絵本 合間に手遊びを
交えます》

今年は初めて、おはなし(素語り)を
一人で2回続けてするという機会を得て
(今までは私一人ではクオリティー不足
なので、誰かもう一人語り部さんを
追加してくださいとお願いしていました)

2年生ということで、
ついでにペロリ 
三枚のおふだ
を語ることになりました。

両方とも、何年か前に子供たちの前で
何回かしているおはなしです。

去年までは自分の持ちネタひとつ、
それからもうひとつは
おはなし会に合わせて新ネタを覚える
・・・ということをやっていました

今年は「これまでやった自分の持ちネタで勝負する」
ということに落ち着きました。
素語りを始めて6年で、やっと自分の
レパートリーが増えてきたのでしょうか

ところが・・・・

事前に絵本の読み手さんたちと
練習させてもらったときに、
ボロボロな出来で・・・

やっぱり心のどこかに油断とか
おごりがあったのかもしれません

そこから発奮?して、
どうしたらいいだろうかと考え
スマホの音声レコーダーを使って、
自分の語りを聞く
ということから始めました。

自分ではイキイキと語っているつもりが、
まあなんといっぺん調子なこと!!

自分では登場人物に合わせて
抑揚を利かせたつもりが
すべて平坦な音調になっている・・・

やっぱり客観的に自分の語りを
聞かないとダメだなーと思いました
今までは怖くて自分の音声レコーダー
なんか聞けなかったのですが、
勇気をふりしぼって聴いてみて
本当によかった!!
自分を客観視することって、
いろんな場面で大切だなと
改めて実感できました。

おはなし会は、楽しかった!!の一言に尽きます。
私と子供たちと、自分の持ち時間の
15分間を共有できた!
と、実感できました。

でも、子供たちはどうだったのでしょうか・・・・

最後に「感想を言いたい人いますか?」
という先生の問いかけに手を揚げてくれた男の子。
(その子が手を揚げたのを見て先生が少し驚いて
いたようなリアクションでした)
この子、ずっとそっぽ向いて聴いてたのに
数多くの絵本を差し置き、ついでにペロリの
感想を言ってくれて私はひそかに感動しました。
普通、こういうシーンで素語りの感想を
言ってくれる子が今までいなかったので・・・・

本来は、自分の番ばかりに気を配るのではなく、
おはなし会全体に気を配るべきなので、
何を語るかはまずはその学年に適しているか、
次に絵本の流れに合わせて を心がけます。

もちろん色々、こうしたほうがもっといいかなー
と思っても、現役のお母さんたちが紆余曲折して
決めたことは尊重しなければなりません。
自分たちもそうやって学んできたので

本当に、いつまでよばれるのかな・・・
もう今年限りかなと思いながら、
子供たちと楽しい時間を共有できる幸せを
感じられたことに、感謝しています。





[PR]
by juntumai | 2016-10-29 19:57 | 語り | Comments(2)

まさかハマるとは

ある日、ネットニュースを見ていたら
「雲が描いた月明り」というドラマが視聴率ナンバーワンで
主役のパク・ボコムが大人気!というのを知りました。

普段はそういう記事にあまり反応することはなかったのですが
その記事があまりに上手だったせいか、ついつい興味をひかれ
ドラマを検索してしまい・・・・

そしてどっぷりハマってしまったんですよ(笑)

韓国ドラマにハマることはたぶんもう無いだろうな
と思っていたけれど、見始めるとあれは中毒になりますねー

最初こそ言い訳がましく、家族とくに娘には
「韓国ドラマがなんで苦手かっていうと長いのよ!
見ててしんどくなるわ〜」
と言っていたのですが・・・・

韓国好きな友達のいる娘が言うには
「そこがいいらしよー
逆に日本のドラマは飛びすぎ、早く進みすぎって
友達は言ってるよ」

そうかー、なるほどねぇ・・・・
わたしなんて日本のドラマでさえ、スキップして見る方だからなー
(なのでこの前やっていた「夏目漱石の妻」も長くて
見るのがしんどかった)

ところが見ていくうちに、特に時代モノだからか、
これまで「どうせ世子を追い落とすエピの一つだから
見なくていいわー」と思っていた「余計な」エピソードも
面白くなってきた(笑)

毎日3話ほど続けてみて、ついに最終回まで追いついたけれど
最終回はまだ字幕が不完全で、あらすじ団のサイトと併用しながら
見ました(笑)

私としては最初から最後までユンソンが不憫で不憫で・・・・

最初は好きではない顔だったけれど、最後のほうは
「なんて高貴な顔なんだー」と思いながら見ていました(笑)

最初から最後までラオンちゃんがかわいくって・・・・
でも女の子バージョンよりも、内官姿が良かったかな。

三番手の小栗旬に似ている人もよかったよ!
生きてて本当によかった。
ユンソンも生きてて欲しかった・・・・
そしてもともとの見合い相手の世子婿のハヨンとくっつけば
よかったのに

世子様=チョワン(と、私には聞こえましたが)は、大人気
なので私がとやかく言う必要はないのですが、
あのコスプレだから余計いいですね!
後半は、「ちょわーーーーん!」と叫びながら見てたっす(だって、しょちゅう命を狙われるんだもん)

最終回まで見てしまい、楽しみもなくなってしまいましたので
今度は飛ばしながら見ていた前半部分をじっくり見ようと思います
[PR]
by juntumai | 2016-10-23 20:00 | つぶやき | Comments(0)

出てたのね・・・

d0220848_21470741.jpg




























ガラスの仮面、文庫版27巻がいつのまにか出ていました。
これは本ちゃんでいくと49巻ですかね?ネットでネタバレ&ツッコミを散々見ていたので、
すでに読んだ気になっていた内容でした。

それでもやっぱり「絵」として見ると、紫織さんの病みっぷりがかなり衝撃的です。
あんなふうになっちゃって、結婚したって元には戻らんと思うよー 
と、ダンナと言っていたところでした。

ツッコミさんたちも何年か前に書かれてましたが、
紅天女、すでにどーでもええわ!(亜弓さんでええやん、もう)

それよか真澄さま&聖さんの行く末が心配・・・・
私の大予想がどうか当たりませんように
(でもいやーなフラグがちょこちょこ立ってて嫌だよ~)

「私が紫のバラの人だと言えば、マヤ様は私を愛するでしょう」

「そんなことしたら、俺はお前を殺す」

このシーンがキュンキュンでした

ああ、少女漫画だわ~~(紅天女、ホントいらない)


[PR]
by juntumai | 2016-10-14 21:58 | 読んだ本 | Comments(0)

「あなたの暮らし」

朝ドラ「とと姉ちゃん」が終わりました。
正直、夏くらいまでは全然面白くなかったけれど
(特に森田屋時代は、せっかくのピエール瀧がただの
うるさい人で嫌だったな)
花山さん登場あたりから、面白くなってきました。

私の記憶にある「暮らしの手帖」は、花森安治さんが
亡くなられてからのことなのですが、亡くなられてからも
毎号「亡くなった花森の遺志を引き継ぎ」という主旨の
文章が多く見られたように記憶しています。
なので、「花森安治さんというのはすごい人なんだ」
という刷り込みが子供の頃の私にもあったように
思います。

ドラマでも丁寧に描かれていた商品テスト、
実際、毎回痛烈でした。「買うべきではない」
とはっきり書かれていたし、「これはいい!」みたいな
おススメ商品はなかった記憶があります(私の子供の頃はね)

ドラマで花山さんか常子さんも言っていたけれど
現在、ここまで日本製が世界に誇れるようになったのは
あの商品テストも要因の一つだと思っていました。

暮らしの手帖の好きなコーナーのひとつが
「すてきなあなたに」
母とよく、「これは誰が書いてるんだろうね」と言っていた
んだった・・・常子さん(鎭子さん)が書いていたなんて
あの頃は知らなかったなあ・・・

そうそう、本格カレーのつくり方で、「手が疲れるくらい
玉ねぎをいためる」というのを長い間守り通し、
それが原因で結婚直後、姑とちょっとあったんだった(笑)
今ではそんなふうに丁寧にカレーを作ることも
なくなりました。

そう、暮らしの手帖を読むのをやめてしまってから
生活が雑になった気がします。
毎号、あれを読むたびに、「こんな自分ではいけない
毎日の暮らしこそちゃんとしなければ」などと
子供の私が思っていたくらいなのだから(笑)

でもこうして時々ふと、暮らしの手帖の記事が
よみがえってくることがあります。
それは朝ドラのおかげかなー
暮らしの手帖を取り上げてくれて嬉しかった!

そういえば、私も昔、「大きくなったら暮らしの
手帖社で働きたいな」と思っていたのでした。
あんなに厳しい入社試験だとは知らなかったけれど(笑)


[PR]
by juntumai | 2016-10-01 10:50 | つぶやき | Comments(0)