日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

しゃぼん玉

宮崎の椎葉を舞台にして、来春公開されるという映画
「しゃぼん玉」
原作は本当に薄い文庫本で、昼前に買って夕方前には
読み終えたのですが・・・・
果てしない感動と、号泣(涙ぼろぼろ)
でもこれって、私が宮崎県民だから?
椎葉の現状を多少なりとも知っているから?
全然関係ない人が読んでも、同じように感動してくれるの
かしら・・・・

d0220848_19374517.png


きっと私と「同じように」は感動しないと思うけれど
一般的に考えて、やっぱり泣けると思います。

ただ私はいろいろ複雑でした。

多少なりとも限界集落・・・いえ、今は「いきいき集落」
と呼ぶのですよね。
過疎の村の現状は、都会で暮らす人よりかはわかるつもりで
います。

田舎の人が純粋に「いい人」かというとそうではないしね。
「しゃぼん玉」でも、読む人によっては
例えば私のような読者は、全面的に「いい人」ではなく
「したたかさ」のようなものを随所に感じました。

主人公の正体をある程度想像はしてたよね
「こんな田舎に住み着くのは訳ありだよな」とか
カタギではないかもなーとかね

村人たちグルになって
「スマさんちの孫」ということにしておけー
みたいな気持ちは、多少なりともあったよね とか
(田舎の人を見くびったらアカンよー)

根は排他的
でも村の現状を考えてみたら
「来るもの拒まず、されど、去る者追わず」

基本、みんなこのスタンスですよね
村の人たちは、きっとね

そういうことを薄々気が付いているうえで
最後はやっぱり号泣でした。

みんな誰かに自分のこと、認めてもらいたいんだよね・・・

親は子供を意識的にでも認めてやることを
繰り返さないとダメなんだな

ということもよくわかりました。

そしてそれを口に出して、しょっちゅう言わんと
ダメなのかなー
今の子は特にね

来春といわず、今やって欲しい映画です
(来春なんて・・・・きっと私が冷めちゃってるわ)
[PR]
# by juntumai | 2016-05-05 19:35 | 読んだ本 | Comments(2)

大人になってた

昨日、すっかり買ったことを忘れていた
「卒業記念DVD」が届きました。

卒業式まで、いや正確に言えば入学説明会まで
娘との関係はほぼ断絶状態(ホントですよ、
キツかったです。この1年家に帰りたくなかったもん)

娘がDVDの申し込みをくれなかったもんだから
全然知らなくて・・・・

卒業式の当日、体育館の前でそういう販売が
あることを知り、その場で購入申し込みを
したのでした

DVDは、卒業式だけでなく、体育大会や
文化祭やロードレースや、普段のクラスの様子やら
3枚セットでした。

それでも一番感慨深かったのが、やっぱり卒業式の
1枚だったかな・・・・

特に思ったのは、男子がすっかり大人びた顔つきに
なっていること

もうすっかり、「男」ですねー

長男の時はそこまで意識しなかったのはなぜかと
考えてみたら

長男は6年生のときに宮崎に戻ってきたので
周りの子の小さいときを見てないこと

でも長女の場合は、小さいとき
それこそ赤ちゃんのときに見てる子もいるし
幼稚園のときから中学卒業までずっと見続けて
来た子もいるし・・・・

みんなみんな、大人になったなあ・・・と
本当に感慨無量でした。

女の子は早くから精神的に大人びるので、
外見こそ変わってますが、そこまでの感慨はない

でも男の子は、中学の3年間で(女子よりも)
外見の変化がすごい!
きっとそれだけ、精神的にも一気に変わるんだな
ということが、よくわかりました。
[PR]
# by juntumai | 2016-04-20 20:13 | こどもたち | Comments(0)

余震があってます

初めてスマートフォンから投稿してます。
早く地震がおさまって欲しいです。
熊本の人には申し訳ないくらい被害らしい被害はないけれど
やっぱり揺れると怖くて……
さっきもまた揺れたので、今夜も靴下履いて、飛び出してもおかしくない格好で寝ます。
自分の布団で手足伸ばして寝られるだけで感謝しなきゃ

[PR]
# by juntumai | 2016-04-18 23:11 | つぶやき | Comments(2)

朝ドラ

朝ドラ歴ウン十年の私
「あさが来た」は久々の、いまの言葉を借りて言えば
「あさロス」に陥るというきわめて珍しい現象に
自分自身戸惑っています。

近年は、割と第1週で順応していったのですが
「とと姉ちゃん」は秀逸なつくりなのに、なぜか
のめりこめない・・・・・
「どこか見た感」が強いのかなー

これはたぶん、前作の影響をモロに受けちゃったパターンかな

たぶん、「まれ」のあとだったら、充分よかったんでしょうけれど
前作が「あさが来た」だから・・・・・
これは結構不利だと思います。

たぶん、「あさが来た」の後は、「あまちゃん」しか対抗
できないかと、近年の朝ドラを見ると思います。

朝ドラって「前作」の影響が良くも悪くも響くのですが

その点、「あさが来た」はどんな前作でも、十分ヒットする
要素がある

なので「とと姉ちゃん」は、「あさが来た」のあとにもって
くるべきではなかったかも・・・・

「あまちゃん」のあとの「ごちそうさん」は、とっても不利な
状況であったにも関わらず、第1週の子役時代は「これでもかー」
という程、おいしそうな食べ物を毎日出していて、食いしん坊な
私はやられてしまったんです。
子役の子の「うーーーーん、おいしい!!」の表情も
とても良かったし

早くから東出君を登場させて、「なんかへんな人だけど
目が離せないタイプ」と思わせたのも成功だったかなー
(と、わたしは思ったのですが)

ということは、第2週が勝負ですね
子役時代を抜けて、本チャンが出たときですね

それにしても・・・

「あさが来た」のラストシーンで、新次郎さんが出たときは
ぶわーーーっと涙が出ました。
玉木さん、この役よかったですねーーー
本当に素晴らしかった!!
ディーンロスは正直なかったけれど、新次郎さんは
ラストシーンで「ああ、私も新次郎ロスだったんだ」と
思いました~
[PR]
# by juntumai | 2016-04-10 19:50 | つぶやき | Comments(2)

急転直下

毎年この時期はなんだか気が滅入るし憂鬱で
気力がわかないです。
年々憂鬱さと無気力がひどくなっているような
気がします・・・
4月に向かうこの時期って苦手ですね~
たぶん年とともに環境の変化に対応するのが
キツくなっているのかも
自身の環境の変化が苦手というよりも、
身近な人たち含めて世間がわーっと
「4月からスタートです!」という雰囲気が
苦手なのでしょう。

かくいう娘も中学を卒業しました。
彼女の高校受験に関しては、直前でまさかの進路変更が
あり、夏にあれほど「一度は見ておいたほうが
いいんじゃない?」という私の忠告も聞かず
「絶対に行かない」と言っていた高校を受けることに
なりました。

自分で迷って、いろんな人に助言してもらって
親に言いだしたのは、最後だったみたい(笑)
まさに公立高校の願書受付一週間前でした。
ということは、決心してから今もまだ
1ヶ月そこらしか経ってないってことだなあ・・・・
(担任には2月初めに願書を提出していましたので、
急きょ三者面談をやり直し、その場で願書書き換えです)

上の子のときもそうだけど、
私たちは意見はいろいろ言うけれど、
最後は必ず子供に決めさせる という信念があるので
(じゃなきゃ、絶対に後悔したり、親のせいにしたり
するので)
この先いろいろあっても、自分の決めたことなので
やりぬくことでしょう

宮崎は狭いので、進路変更のあれこれを書くと
どこの学校かバレバレなので今は書きませんが(笑)
合格はすると思っていたので、発表も見に行きましたが
正直嬉しさは湧いてこなかった というのが
本当のところです。

私たち夫婦にとっては、まさに未知の世界で、
でも昨日の入学説明会を聞いて、
「ああ、この子にはこういう学校のほうが
合っているだろうな」ということは、改めて実感
できました。
(なんせ、一度も学校を見てないから不安だったんですが
先生の話を聞いてるうちに安心できました)

それにしても子供のことは、わかんないですねー
今は、ある職業に就きたいなんて言ってて、高校も
半分そのために変えたような感じだけれど、それも
たぶん変わるだろうし(笑)
とにかく直前まで二転あることは、上の子でも
実証済み

そんなわけでこの1年はいろいろあり、いったん
片が付いたとはいえ、なんだかまだ現実について
いけない自分もいて、それで気持ちが不安定なの
かもしれません・・・・
(これも上の子の時の急転直下の決着と同じかなあ~
うちは親に「心の準備」というのをさせてくれない
子たちなのですかね)
[PR]
# by juntumai | 2016-03-26 09:27 | こどもたち | Comments(0)