日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

わたしを離さないで

ドラマの影響で話題作となっている「わたしを離さないで」

ドラマは「コウノドリ」の続きで録画していたのですが
娘に消され(涙)、まとめてネットで鑑賞。

3話見た時点で、原作を購入し読みました。

ドラマが意図的にセピアグレーな色彩で作られていて
「提供」のリアルシーンやら、脱走した子に対する
描写やらなんやら・・・・・

そのイメージで読むと、いい意味で裏切られたような
(そうでもないか?)

一言でいうと、「青春小説やな」と思います。

それは原作者のイシグロ氏も言っていて
「限られた中での人間模様を描きたかった」

まさにその一言だと思います。

だって、もし「提供」とか〇〇〇〇とか 

それをとっかかりにしなければ、積極的に手にとって
読むような本ではないかと思われます。現に私も
ドラマを見てから本を買いに行きました。

限られた時間 を作り出すことに対して、小説的に
ものすごく成功していますが、そこに対して
モラルを問うたりすることは(原作だけで見たら)
意味のないこと・・・・

それでもドラマ的にはそのところを重く取り扱う
のでしょう。
第1話の冒頭シーンにそれが表れていました。

さらに、原作ファン(ドラマ化される前に読んでいた人)
にとっては、「三角関係を重点に置く作りになりそうなので
ドラマ化は反対」
という意見も大いにうなずけるなあ・・・・
現にドラマはすでに三角関係が主流。

綾瀬はるかは「忍耐の人」みたく描かれているけれど
原作のキャスは「肉食系女子」だもの

(わたしを離さないで)の原作を読んで、〇〇〇〇を
扱ったという点で共通している、東野圭吾さんの「分身」
をもう一度読んでみようかなーと思いました。
(それこそ前エントリーであげている「携帯前」の話で
もどかしくて読むのが億劫になる本なんですが)

でも「わたしを離さないで」は〇〇〇〇が主題ではないからねー
(ネットで仕入れた知識によると主題ではなく「ギミック」
というべきみたい)

自分の周りのことと、全く違う次元の話・・・という
設定なので、エンターテインメントとして成り立つのでしょう

ということを、強く思った原作でした。
そこのところのアイディアは脱帽モノだと思います。
[PR]
# by juntumai | 2016-02-04 19:31 | 読んだ本

息子が置いていった本と私が好きな本

息子が置いていった本は「女囮捜査官シリーズ」だったのですが
これって、とっくの昔に土曜ワイド劇場「おとり捜査官 北見志穂」
シリーズ、松下由樹主演 で映像化されているのですね~

しかも原作はわずか5巻なのに、なんとテレビでは19作も続いて
いるのですね!!
しかも袴田刑事役の蟹江敬三は亡くなっているのに
新たな相棒として水野美紀を投入してるとは・・・・
全然知らなかったわ~

確か土曜ワイド劇場は、月曜日に月9やスマスマを
つぶして宮崎でも毎週放映されているはずなのに・・・
(20年以上宮崎で暮らしているのに気が付かなかった
です)

いま2巻まで読みましたが、残り3巻たぶん一気読みでしょう。
初めはあまり合わないと思っていたのですが、1巻の終わりから
グイっときてしまいました。

山田正紀は、息子が置いていった本の中で
「ブラックスワン」があって、私はそれしか読んでないのですが
これもおもしろかったです。
昭和な人たちにおススメ

昨年末ごろ、赤木かん子さんの講演会のお手伝いをしたのですが
かん子さんいわく
「1995年以前の小説は現代古典」

なぜなら1995年、ウインドウズ95が発売されたから・・・・
そこから一気に世界は変わった
インターネットの普及、携帯電話が主流になり
その結果、携帯電話がない時代の小説はもどかしさを
感じて読めなくなってしまった・・・
(一つ前の時代が人は一番古く感じてしまうので)

その点、赤川次郎は先見の明があった
なぜかというと、彼は古くなりそうなのは自分の作品から
一切排除してて、電話でさえ出てこない

女性を表す形容詞はすべて、「美人でないがかわいらしい」
(それってすべての女性に当てはまるよねーと、かん子さんは
言っていました)
逆に西村京太郎は女性を現すのに「美人」というフレーズを多用する
からおじさんなんだとか・・・・・

(でも赤川次郎も西村京太郎も、いまや買ってまで読む人は
いるんだろうか??たぶん二人とも「図書館で借りる本」の
人たちだよねきっと、)

そんなかん子さんの言葉ひとつひとつに、「だよね~」と
うなずいていた私でしたが・・・・

その点、東野圭吾はすごい

彼はそんな時代の変化を見事に習得して(またそれ以上の先進さで)
違和感なく付いていっている人ですが

「ナミヤ雑貨店の奇跡」
d0220848_20271724.png


これは、昭和と平成、現代古典と現代小説を違和感なく結ぶ
時間軸的にお手本になる作品かなーと思います。
そして感動的だしね!!
なにより、かん子さんが言っていた
「書簡文形式の小説はもう作れない」までもクリア。
全然わざとらしくない!!
この小説は「手紙」が主人公なのですが、それが
見事に、このSNS全盛時代にも違和感を感じさせない
(東野圭吾は手紙が好きですよねー。もろ「手紙」という
小説もあるくらいだし・・・・「手紙」は重すぎて
1度しか読んでないですが)

東野圭吾、すごいなー
あなどれんな、昔から、
やっぱ、理系男子は最強やね

しかも感動要素てんこ盛りで、
2章なんか、涙涙涙・・・だったなー

(ちなみにこれは息子が置いていった本ではなく、
私が買いました)
[PR]
# by juntumai | 2016-01-22 20:29 | 読んだ本

ねずみ年さんごめんなさい

図書館での読み聞かせ当番で、私が毎年1月に語る
「干支のはじまり」

私は、こぐま社の「日本の昔話」のを覚えて語って
ますが、図書館のように年齢層がつかめない場では
このはなしはちょっとやりづらい・・・

そのわけは、ねずみが悪役的なポジションのため
ねずみ年の子がいたらかわいそうかなーと

そんなわけで私が語るときには、原文の
「ずるがしこいねずみは」というフレーズを省き
単に「ねずみは」というように語ってます

・・・・そうはいっても、この話の流れだと
どうしても「ねずみってずるいなー」なんですが

そこで私は考えました!

おはなしの始まりに「おはなしのろうそく」に火をつけて
おはなしが終わった後に今月だったら
「1月生まれの人に火を消してもらいましょう」と
いうことになるのですが・・・・・

前半の「ちいさい子のおはなし会」で1月生まれの子が
3人いてその子たちにろうそくを消してもらったのですが
後半の「おおきい子のおはなし会」にもその子たちが
残って聞いていて・・・・

またその子たちに消してもらうのはちょっと・・・
と思ったので

「では・・・最初に神様のところに着いた、ねずみ年の人に
消してもらいましょう。ねずみ年の人、いますか?」

と聞いたら、女の子が一人いました(喜)

一人だけだとほかの大勢の子たちがかわいそうなので

「では・・・2番目に着いた うし年の人いますか?」

と聞いたら、3人いました(喜)

計4人で、一斉にろうそくをフーと消して
拍手で終わりました。

本当はさる年の子がいたら消してもらいたかったけれど
さる年の子って一番小さくて0歳、その次が11、12
歳じゃないですか

パッと目、0歳の子はいても、小5小6の子なんて
いなかったしねー
0歳の子はろうそく消せないしね
(ちなみに私はさる年です)

なんかねずみ年の子にとってはちょっと嫌なはなしだと
思うので、フォローの意味も込めて・・・・
少しはフォローになったでしょうか?

*****

ちょうど見ていたテレビ番組で、今話題のスマップごろちゃんが
「普通に電車に乗って、ホルモン食べに行く」と証言されて
いましたが・・・

イノッチもあさイチで前に言ってたけれど

「いまや普通に電車に乗ってても全然気が付かれないよ
だってみんなスマホ見てるから」

それを実証してるのか、子供たちの後ろでソファに座っている
ママたちは、スマホ見てたなー

それはまあ、私たちがやってることがスマホに負けてる
ってことなんでしょう多分。
[PR]
# by juntumai | 2016-01-16 21:20 | 語り

空飛ぶタイヤ

帰省した息子が、
「下町ロケットより空飛ぶタイヤのほうがおもしろいよ」

と言うので、すぐ買った「空飛ぶタイヤ」
d0220848_19475093.jpg


池井戸潤小説の王道

窮地に立たされた中小企業→大手企業からの妨害→銀行からは融資引き上げ→
捨てる神あらば拾う神あり→裁判沙汰になるが有能な弁護士がつく→
さまざまな苦労を経て大手に一泡ふかし→結果、大勝利

この流れはわかってはいるものの、経過を細かく丁寧に描く作家さん
なので、たとえ「悪役」側であっても、それぞれの事情を事細かく
描写することでどこかしら共感を得るところもあるし・・・・・

その結果、社会的にどの立場にいても登場人物の誰かに自己投影できる
という・・・・
これが池井戸小説の醍醐味でございましょう

結局私が現時点で一番印象に残っているシーンは、
沢田が最後のほうで取った行動ですね・・・・
(たぶん、サラリーマンの大半が沢田に自分を重ねる
んじゃないかな。赤松社長ではなく)

しかし、これはメディア化は難しいだろうな
スポンサーがらみでね・・・・と思っていたら
とっくにWOWOWでドラマ化されてました。
(仲村トオルはちょっとカッコよすぎ・・・
それこそエンケンさんにやってもらいたかったなー)

そんなわけで、下町ロケットよりも半沢よりも
「空飛ぶタイヤ」のほうが面白かったと私も
思いました。

(さて、息子が置いていったマニアックな小説を
読まなければ・・・・)
[PR]
# by juntumai | 2016-01-10 20:03 | 読んだ本

駅伝三昧の正月

私の年末年始はいろいろありすぎてドタバタしておりましたが
一番印象に残ったことといえば、駅伝でしょう(笑)

もはや箱根駅伝よりもニューイヤーのほうに気持ちがシフト
しつつあるのですが、元旦は忙しいのでじっくり見ていられない
のが難点なところ・・・・・

今年は旭化成が優勝するかも!と思って、ダンナの実家に
行ったときも
「お義父さん、ニューイヤー駅伝にチャンネル変えて」
と頼んだら

「箱根駅伝じゃなかったとか!いつからニューイヤー
見るようになったんか!」
と言われ(←それもワザと言ってるんですけどね)

でも結局、箱根のようにがっつりテレビの前に
しがみついてることもできず・・・・

なんかいろいろ見逃した感あり

それなら箱根が充実していればいいけれど
私の今年の箱根は1区で終わったね!!

ハチマキ男の町沢くんが頑張ってくれたけれど
2区以降は不甲斐ない結果に終わってしまいました・・・・

ああ、また予選会かーーーー

ネットではOBを名乗る人たちの
「監督変えろ」コメントが多数

でも監督も気の毒なんだよね・・・・
いつまでも進退問題が浮上してる現状じゃ
いい選手が集められないよね
なんたって層が薄すぎるもん
青学の補欠の子たちが何人か来てくれるだけでも
違うんじゃないだろうか

青学に入ったら箱根は出られないかもしれない子が
中大に入れば箱根に出られそう(だから中大に来てー)

その一方で・・・・
箱根なんか出ている暇はない、
自分は東京オリンピックのマラソンに出るために
高校から実業団に入って目指すんだ・・・・
という若者もいるのです

箱根で活躍すれば、名前は売れるのだけどね

それはやっぱりテレビの力が大きいですよね。
箱根は関東の大学だけの大会なのに、お正月に
放映するからここまで有名になったと思うし
(何よりも箱根の山越えがインパクト大)

駅伝の大会でいったら、全日本大学駅伝と
出雲のほうが真の実力がわかると思うのですが
やっぱり箱根のほうがみんな見るしね

・・・・・なんていろいろブツクサ思いながら
箱根を見ていたけれど、ぜんぜん面白くないので
「やっぱりニューイヤーをちゃんと見ていれば
よかった」
と後悔しました(どうせ元旦だから、ちゃんとは
見れないんだけどね)

やっぱり、旭化成も外人を入れようよーーーと
職場の大人女子さんと言っていたことでした。
ニューイヤーでは2区しか走れないなんて
知らなかったのですが(外国人)

外国人といえば、5区山越えで区間賞をとった
キトニーさん日大 のインタビューがなかったのが
「どして?」と思いました。
外国人では5区での区間賞は初だったじゃないですか!
私は放送終了まで待ってましたが、とうとう放送されず
・・・・なぜ?
これって差別?
山越えを制する者は日本人じゃなきゃダメなの???
(でもキトニー君だってホントは2区を走りたいのに
チームのために5区を走ってるんだよっ!)
[PR]
# by juntumai | 2016-01-06 21:19 | つぶやき