日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

「今日俺」からの~スケキヨ!!

冬はテレビを見る機会が多いので、自然とドラマを見る機会も多くなりますが
今シーズン、ほぼリアルで見ていたドラマは
月曜日 リーガルV(宮崎では月曜の夜10時にやっているのです。その前の9時は科捜研の女よ!)
火曜日 中学聖日記&僕らは奇跡で出来ている(こんな題名でしたかね?)
木曜日 黄昏流星群(後半はリアタイ視聴)
金曜日 大恋愛
日曜日 せごどん→下町ロケット(ほぼ流し見)→今日俺

このなかでガチで見ていたのは中学聖日記と今日俺です!(笑)

今日俺は、リアルで見ないとつまんない!と第1回目で思って、私が毎週リアタイで
ゲラゲラ笑っていたら、3話くらいでダンナが一緒に見始めたかなあ~

もともと賀来賢人のファンでした。
(「花子とアン」の時からです!)

なので初めは賀来賢人目当てでした。
(せごどんも鈴木亮平目当てでした)

でも今となっては、今井と伊藤ちゃんが好き!
もともと太賀は気になる若手俳優の一人だったけれど、これで本当に好き(笑)
伊藤ちゃんは、なんとなく影薄い感じはするけれど、応援していきたいです。

言うまでもなく、今日俺ド真ん中世代なので、この前も同世代の美容師さんと
めっちゃ盛り上がりました。
宮崎の中学は今も昔も厳しいので、美容師の彼は高校のときに「あんなんいた」
私は埼玉だったので中学がすでに「あんな感じ」
(ムックンお得意の「腐ったみかん」世代だもんな~金八第2シーズンね!)

今日俺、続編希望がすごく出てるけれど、私はこれで終わりでいいかなー
平成最後の年末、昭和を楽しませてくれてありがとう!と言いたい。

そして、私の大好きな「犬神家の一族」のスケキヨ役に賀来賢人!!

わーい、わーい!
(でも素顔をさらすことはほとんどないのよね、スケキヨ)

絶対に見るわ~と思っていたら、たぶん・・・・・いや、おそらくほぼほぼ
宮崎では放送されないと思います(いつもこれ)

めっちゃ不満なのは、珠世が高梨臨だってこと!!
私の中では松嶋菜々子級もってこいやー!!なんですけどね
(石坂浩二版金田一は私の中ではベストオブ犬神家です)






# by juntumai | 2018-12-17 19:44 | つぶやき

2年ぶりです

ほぼ2年間更新していませんでした。

ツイッターもフェイスブックもインスタもしない私。

それは見る専門にして、自分から発信?するとしたら
やっぱりブログしかないでしょう。
Lineのタイムラインも苦手だしねー

いまは2018年12月13日。

現在ネットでしつこく取り上げられているのは、M1のトロサーモン久保田
の上沼批判です。

酔ってSNSに上げるのは本当に危険です。

私もお酒が入ると不思議と言葉がどんどん出てくるタイプなので
わかります。(お酒が入ると黙るタイプになりたかった~)

彼らの失敗は、動画配信しちゃったことかなー

たぶん、ちょっと前のようにこうやってブログでしか配信することが
なかった時代だったら、文字をこうやって打つことで冷静になれたのに

(さらに言えばスマホでなくて、PCで打たないと・・・・・
スマホとPCは脳を使う場所が微妙に違ってくるような気がしませんか?)

動画配信だと、自分が発した言葉ダイレクトに伝わって、
ネット上に流す前の推敲的な段階がないのですよね?
(動画配信したことないのでわからないんだけど)

来週、宮崎県知事選挙があるのですが、投票を呼び掛けるトロサーモン
のポスターを撤去し、さらにみやざき物産館の銅像?(実はまだ見てない)
も当分の間撤去されるという記事をネットで見ました。

でもテレビとラジオでは、トロサーモンの投票呼びかけのCMは流れています。
そのたびに、「あらら・・・タイミング悪いね」
と思いつつ

なんかここまで来ると過剰反応しすぎな世の中だなーと、今に始まったこと
ではないものの・・・しかも「人のうわさも75日」が通じなくなっているのは
怖いです本当に





# by juntumai | 2018-12-13 20:23 | つぶやき

4年生の読み聞かせ&本屋のこと

読み聞かせ活動のほとんどが、高学年(5,6年生、中学生)&支援級
になっていましたが、この前久々の4年生の読み聞かせに入りました。

私がしたプログラムは
1.なにのあしあとかな
2.<語り>地主の頭は何斤か
3.アヒルだってばウサキでしょ
4.スイミー

4年生は10歳。10歳が一番「おはなし年齢」だというのが
私の中では実感としてあります。
特に素語りは何をやっても成功率100%(の実感)
これは10歳だけに起こる奇跡・・・なんじゃないかしら

なので素語りは他のものでもよかったとは思うのですが
今、口からぺらぺら出てくるのが「地主の頭・・・」
だったので、それを語ったところ

これまでほぼほぼ無反応だった5.6、中1、中2。
しかしこの4年生のクラスは最後は笑ってくれて
頼んだわけではないのに拍手まで!!

他の学年でもなぜか語りの後では拍手をもらうのです。
でも・・・私としては拍手をもらった時点で
「ああ、失敗だったな」と思ってしまう
ちょっと怖いおはなしでは拍手は無いので、子供が
本当に「入った」おはなしは、拍手がない=拍手が
ないときのほうが、しみじみとした充足感を感じ
たりします。

語りのあとの絵本「アヒルだってばウサギでしょ」
これはたまーに使います。
ちょっと大きい子がいれば図書館でのおはなし会
でも使ったりします。わりと重宝する絵本

最後の「スイミー」は、「なつかしい!!」の声多数
1年生か2年生の教科書に載ってるということも
ありますが、教科書で読むのと絵本で読んでもらう
のと、また全然違います。
少し大きくなった子に読んであげるのに
素敵な絵本だと改めて思いました。

****

お彼岸の3連休、福岡に行ってきました。
語りの会の人たちの情報で、博多駅のアミュプラザの
7階か8階に「MARUZEN」が入っているとのことで、
行ってみたのですが・・・・

うーん・・・

探しにくい!!

まるぜん といえば、わたしの中では
「紀伊国屋書店」、「三省堂」みたいな印象

この探しにくさ!!
ああ、昔の本屋ってこんな感じだったよね・・・・

図書館みたいなんですよね・・・・
それか行ったことないけど、古書店

ただでさえ本が売れないのに、この探しにくさは
アウトかなあ・・・・
なにか専門書を探したい!という目的で入れば
いいのだけれど、ブラーっと入って探すのは
やっぱりTUTAYAのほうがいい

なのに、この人の多さ!!

この形式だと、店員さんからは見えにくいので、
立ち読みしやすいかなとは思います。
でも書棚間が狭いから立ち読みの人が多いと通りにくい

TSUTAYAは立ち読みどころか、
スタバかタリーズ入ってて座ってコーヒー飲みながら
座り読み?時代だし

それでもわたしのような活字中毒は、座ってコーヒー飲む本屋
なんて本屋じゃないですけどねー
だってもし本にこぼしちゃったらどうするんだろーと
思って・・・・
逆に落ち着かないかなあ





# by juntumai | 2017-03-20 19:47 | 図書ボラ

いまさらながら「孤独のグルメ」

お正月、なぜか「孤独のグルメ」にハマってしまい
ユーチューブで過去の動画を見ています(笑)

テレ東の番組なんて、宮崎ではもちろんやってないので
たまたまザッピングしていたらBSジャパンで出てきた
「孤独のグルメ season5」

おおー、ネットで知ってはいたが、実際に見るのは初めて

で、やっぱり一気にハマりました。

ゴローさん、うちの旦那と一緒で全然お酒が飲めないもんだから
ご飯に合うお店を選ぶ傾向にあるね(ということは、=お酒にも
合うってことなんだけど)

帰省していたうちの息子が
「(ゴローさんが注文するものは)必ず1品多いんだよね」
と言っていたけれど、それもダンナがよくするパターン

でもゴローさん(松重豊さん)は、全然太ってなくて、背も高くて
シュッとした感じだし、コワモテだから(笑)
一人で入ってきて、注文して、礼儀正しく食べてる姿がとっても
サマになっていて・・・・

いいなあ~
私も同じこと、してみたいな~
あんなおじさんになりたかったなあ・・・・
(第一希望はああいうおじさん、第2希望はゴローさんの奥さんに
なりたい)

それか、必ず出てくるそのお店の常連客、とくに昼間っから
堂々と飲んでいるおじさんになりたかった(ホントはそれが
真の第一希望です 笑)



# by juntumai | 2017-01-06 22:33 | つぶやき

12月の定番

12月の第2週あたりに、6年生の読み聞かせに入ったのですが

5,6年生ともなると、必ずと言っていいほど、教室の後ろのほうに
「絵本なんてやってられないぜー」とばかり固まって、かたくなに?
聞こうとしない一団(まあ、3人から5人くらい?)がいます。
たぶんその中にはこっそり聞いてる子もいるんですけどね(笑)

でもなぜか・・・そういう子たちも「おはなし」は聞くんですよねー

なんでかなあ・・・・

たぶん、「前に立って話す人がいるときはしっかり聞く」
という6年間の刷り込みが土台にあって、

「では、次はおはなしをします」

という一言で、
「そりゃ、聞かなきゃ」という態勢に自然となるのかもしれないです・・・

(実際、私が「次はおはなしをします」と言ったとたん、絵本に
対していろんなツッコミしていた子が、「それじゃあ聞かなきゃ」と
つぶやいたこともあります 笑)

この時期に必ずといっていいほどするのが、中国の昔話で
「お年玉のはじまり」

どこでやっても、なぜかシーンと水を打ったように聞く
おはなしです。

まず、お年玉というのが身近であることと、

話の内容が子供にはちょっと怖いのかなー

私も初めて聞いたときは、思わず聞き入ってしまったので
とても短いお話しですが(おそらく3分くらい)
インパクトはあると思います。

話し終えたあとに
「だから、皆さんもお年玉はお札ではなく、硬貨で
もらいましょうねー」 というと、その場によって
様々な反応があります。

この前のクラスは、ある男の子が
「じゃあオレ、300円でいいや」 と言ったので

「でも銅貨がいいみたいだから、日本円だと30円かなあ」
と言っておきました。
(その前に「そもそもみんないくらくらいもらうとー?」と
聞くと、6年生だからその辺ははっきり答えてくれませんでしたが)

そのあとに読んだ、わたしのクリスマス本の定番
「きょうりゅうがすわっていた」 

これは絵本をかたくなに見ようとしなかった一団も
シーンとして見ていました。
(丸付けしていた先生も見ていました)

12月の私の定番、
「お年玉のはじまり」&「きょうりゅうがすわっていた」
を、いつまで出来るかなー

今年もその2つが出来たことに感謝です。







# by juntumai | 2016-12-26 19:40 | 図書ボラ