日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

わらぶき屋根の

また杉山亮さんのネタを拝借し、2年生に「わらぶき屋根の家に住んでいるおじいさん」
をやってみました。(読み聞かせで)

「これはのみのぴこ」 という本をご存じですか?
あれのように、どんどん言葉が重なっていく「言葉あそび」になっています。

このわらぶき屋根の家に住んでいるおじいさん
このわらぶき屋根の家に住んでいるおじいさんが飼っている牛
このわらぶき屋根の家に住んでいるおじいさんが飼っている牛がした糞

・・・・・と、まあこんなふうにどんどん言葉が増えていき




最後は

「このわらぶき屋根の家に住んでいるおじいさんが飼っている牛がした糞に
たかっているハエを飲み込んだカエルを踏みつけた馬のしっぽで作ったハタキで
掃除をしているおばあさんが住んでいるわらぶき屋根の家」

になります。

2年生にはちょっと難しいかな?と思ったのですが

さすが群読に力を入れている学校の子たちなので、最後は声をそろえて
大合唱になりました(ホントはそういうのではなく、一息に早く言うのがツボなんだけど)

いや、案外これ、群読で使えるんじゃない?聞いてるほうもどんどん言葉が重なっていって
楽しいし・・・・・(先生、いかがでしょうか)

<今週のプログラム>2年生

1.だれのパンツ?(低学年の導入に喜ばれます)
2.だいくとおにろく
3.大阪うまいもんのうた
(「校長先生が読んでくれたよ」とみんな口ぐちに言ってました。
 4年生の長女に聞くと「校長先生?知らないよ」と言っていたので、
 全校朝会とかで読んだのではないようです)
4.重ね言葉あそび「わらぶき屋根のおじいさん」(杉山亮さん作?)

*******

この前、発達障害の子を持つママ友とランチしてて、
「通級があればいいのに」という話になったのですが

私も以前、通級があればなあ・・・と思っていたけれど

はたして現実問題、通級になると需要が多いぶん、子供の人数も増えて
学年もバラバラだし、その子その子で必要とされる支援も違うし

それに対応できる人員が確保できるのだろうか??

今のような入級というシステムなら、しっかり支援してくれるけれど・・・・

と、もろ手をあげて「賛成!」というわけにはいかないなあ・・・と思いながら
聞いていました。

なんせ先生の確保、これが一番大変だろうなあ と。

でもどうにかして検討していかないと前へ進めないし、ここは他の学校や
他県の通級システムを勉強することが必要かな と思っています。
[PR]
by juntumai | 2011-03-09 08:24 | 図書ボラ