日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

イブの朝に

クリスマスイブの朝、いつものように朝ドラ「カーネーション」を見ていたら

・・・・・・やられた

涙ボロボロ・・・・・嗚咽状態。

これが戦争の現実なんだな と まさに胸がつぶれてしまう

それからほぼ1日、思い出すたびに涙があふれてしまいました。

「カーネーション」のツィートを見ても、

「クリスマスに浮かれる日本人に、冷や水をあびせたような今日の展開」
「ほぼ1日、思い出しては涙が出た」
「クリスマスイブの日にこの展開だとは、やっぱりこの朝ドラは
あなどれない」
エトセトラエトセトラ・・・・・・

と、みなさん同じ思いだったようで・・・・・

日中戦争の時に徴兵されて、心を病んでしまった勘助が
昭和19年、2度目の徴兵・・・・・

出征の日、糸ちゃんを陰でそっと見て

「今まで会う資格がなかったけれど、それも今日で終わりや」と言いながら
黙って出征していく

誰にも見送られずに・・・・・

その1ヶ月後、勘助の葬列を見送る糸子

「かんすけ・・・・かんすけ・・・・かんすけ」

と心の中で泣く糸子

(まず、勘助が心を病んでしまったエピがあるからこそ
もうたまらん、この展開が!)

もう戦争なんて絶対に嫌だ!平和ボケで結構!
平和ボケ、万歳!!
震災は避けられなかったかもしれないけれど
戦争は避けようと思えば避けられるのだから・・・・
負けても勝っても「幸福」にならないのが戦争だから
(と、ある人がブログに書いていたが、私も同じ気持ちです)

前回の「おひさま」はなんとなく戦争美化のような描き方で、
出征した人たちもほとんど戻ってきたりしてたけれど

来週の予告をうっかり見たら・・・・また「これでもか」
という現実が待っているようで・・・・・

それでも現実や本音がきっちりと描かれているということで
とても好き。
(「ミタより全然いい!」というツイートもありました 笑)

戦争で死んだ人たちすべてが、どこかでまた生まれ変わって
いますように

と、クリスマスの空に思わずお願いしてしまいました。

本当に、心からそう思いました。
[PR]
by juntumai | 2011-12-25 09:51 | つぶやき