日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

あ~ぶくたった~

17年前、長男が生まれる直前でしたが、阪神大震災がありました。

もうあんな大きな震災は、当分は起きないだろう・・・・・と心のどこかで
思っていましたが、わずか16年でまた大きな震災にみまわられるとは・・・・

17年はそれこそあっという間でした。
そんな短いスパンで、次々と大きな災害が起きてしまうなんて
(つまりは身近にいつ起きても不思議ではないということで)

必要以上に怖がっていても仕方ないのですが、常に心のどこかで
覚悟しておかなければ と思いました。


********

年明け最初の読み聞かせは、新学期から1週間経ったとはいえ、
まだ新年気分が若干残っているかな・・・・・・と思い、

かがくい ひろし さんの「おもちのきもち」 を読みました。
(3年生)

最初、3人くらいおしゃべりをして聞こうとしてませんでしたが、
本の面白さにひきつけられ、ひとり、また1人と、
途中から聞く態勢になってくれました。

(このクラスは、これまで担当者が難しい本を読んでいたみたいだけど
ちゃんと聞いてたのかな? と若干疑問)

おもちは何個食べたとか、どんなおもちの食べ方が好き だとか
みんなでやり取りをしたあと、

「じゃあ、お年玉はもらいましたか?」と聞くと
これまたいくらもらったとか、何人にもらったとか、ひとしきり盛り上がった後に

中国の昔話 「お年玉のはじまり」 を語りました。

去年、4年生に語ったときもシーンとなりましたが、この話は子供には
とても怖く感じるようで・・・・・

途中から耳をふさいだ子が2,3名

まばたきもせず聞いてる子、ぐっと入って聞いてる子が多く

そして終わりはホッとした雰囲気に

「だからお年玉は、おさつじゃなくて小銭を入れてもらうといいのよ~」

と言うと、「おさつしかもらってない!!」 と口々に言い始め

「それも銅貨だから、10円玉がいいのよ~」 と言うと

「えー」と言いつつ、納得していました。

そして、最後は さいとうしのぶさんの「あぶくたった」

d0220848_8412893.png

( ♪ あ~ぶくたった にえたった~にえたかどうだかたべてみよ)

この本、1年生のお話会でも使いました。わらべ唄だから、どこでも
使えますね。絵もかわいいし~

日曜日は、さいとうしのぶ さんのワークショップに行ってきます!
「自分の名前を入れた絵本」を作るそうです。

話はいくらでも作れそうですが、絵が苦手なので、私も娘もちょっと引き気味・・・
次男はたぶん、こういうのが得意かな

3年生の読み聞かせ
1.おもちのきもち
2.<語り>お年玉のはじまり
3.だれのかお?
4.あぶくたった
[PR]
by juntumai | 2012-01-17 08:44 | 図書ボラ