日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

屋根チーばんざい!

このところ「落ち着かないクラスでの読み聞かせ」の話題ばかりですが(笑)

今週わたしも落ち着かないクラスを担当しました。
今回は4年生。

学校でもかなり有名になっているクラスで、本当は2人で入るところを
相方さんがお休み・・・・・げー、私ひとりで大丈夫かなあ・・・・・と思って
不安いっぱいでした。

1冊目を「やさいのせなか」 にして、クイズ形式で楽しみ
盛り上がったところで

「屋根がチーズでできた家」 を語りました。

よりにもよってこの日が初披露!

本当は「はなたれこぞうさま」をやるつもりが、前回他の方がされてしまったと
いうことだったので・・・・・・

それでも、「屋根がチーズでできた家」の威力はすごかった・・・・・

出だしの、「昔、はるか遠い森の中に、子供の肉を食べるのが大好きな
悪いトロル女が住んでいました」

で、ぐっとひきこまれてくれて・・・・・(なんとこのクラスで自発的に
「静かにして!」との声があがりました)

「家の屋根をチーズで作り、そのあたりを歩きまわる男の子や女の子を
おびきよせていました」

と続けると、「屋根がチーズぅ?」という声があがり

「そして子どもをつかまえると、かまどで焼いて食べてしまうのでした」

で、「ひえー」 と言われ・・・・・・

まさに「つかみはOK」な、おはなし。
語り手はラクです、とても。

その後の、兄さんとトロル女とのやりとりには笑いが起こり
妹がホントのことを言うと、一瞬「げ!」となるけれど、兄さんの
見事な機転 に「ほー」となり・・・・・・を繰り返し

最後のシーンは、おはなしに合わせて身振りをしてくれる子も
いたりとか

本当に全員が聞いてくれました。

補助に入ってくれていたお仲間さんが言うには、ずっと立っていた子も
最初は後ろにかくれていた子も、途中から熱心に聞いていたようでした。

やっぱり「屋根チー」は使えますね~
ホントは低学年(2年生くらいまで)向きなのですが、意外と上の学年とか
大人にもおもしろがられます。

北欧版「ヘンデルとグレーテル」 みたいな話しですが、
お菓子の家ではなく、屋根がチーズでできた家 なのが実直的な
北欧らしいところなんだそうです。

最後は「おおきくなるっていうことは」 を読みました。
その日はちょうど2分の1成人式を行うということだったので
ちょうどよかったと 4年生のお仲間さんに言われました。
(上のふたりのときはありませんでした>2分の1成人式)

********
4年生への読み聞かせ

1.やさいのせなか
2.<語り>屋根がチーズでできた家
3.おおきくなるっていうことは

1冊目「やさいのせなか」以外は、幼稚園保育園でもオッケーだなあ・・・・(笑)
[PR]
by juntumai | 2012-02-27 17:26 | 図書ボラ