日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

娘に見習う

私も児童クラブで1年生と接しておりますが、娘も6年生なので
毎日1年生のお世話係りで頑張っている様子・・・・・・

朝、1年生の教室に行くと誰かしら泣いているそうな

ある日は、おもらしをしてしまった と言って泣いてる子

またある日は、「おうちに帰りたい~」 と言って泣いている子

そしてある日は、さっきまで仲良くふざけあっていた子たちが
ケンカになって泣いている・・・・・

そのたびに、「どうしたの?」 と駆け寄る娘。

いまや、「なだめ係り」として君臨している様子

何もウンチの世話までしなくてもいいのでは・・・・・と、つい思って
しまうけれど、朝早かったので、先生も保健室も誰もいなかったんだとか

「おうちに帰りたい~」 と言って泣いている子が
「お母さんに会いたい~」 と泣くので、

「いっぱい勉強したら、お母さんに会えるよ」 

と、なだめたんだとか。

「なんでもかんでも私に言ってくるんだよ~ 
目がかゆいです!とか
言ってくるんだよ~ そんなの知らないっつーの」

(そうそう、それくらい自分でなんとかしろ 笑)

「時々、面倒だから放っておこう と思いながら、
この足が駆け寄ってしまう・・・・・」

という、「お世話好き体質」なようです(笑)

校歌指導(そんなことまでするのか・・・・・)の時に、全然真面目に
やらない子が何人かいて、でもそういう子は先生が来ると途端に
真面目にやるので

とうとうある日、娘は1年生の前で説教したんだとか

「私たちはなんのために校歌を教えてるか、わかる?
みんなに覚えて欲しいからなんだよ
だから、先生がいなくてもちゃんとやろうよ!!」

たかみな を尊敬する娘は、その時自分にたかみなが
降りてきていた・・・・ と言っていました(笑)


娘のほうが私よりもずっと「先生」だなあ・・・・・

そこまで熱くなれない自分を自覚しております。

娘を見習わなければ
[PR]
by juntumai | 2012-05-15 17:04 | こどもたち