日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

まさかこんな事になるなんて

「本日3/13は東大後期日程試験日です。約9割のセンター足切り点を突破した文系理系が入り乱れて同じ問題を解く日本で一番カオスな試験です。」

あるツイッターで見ました。

私も昨日は1日キリキリと胃が痛みました。
特に数学の直前・・・・・
あんな過酷な試験、なんで受けるんだろう?って。

そう、思わず中国の「科挙」だっけ? あの試験を思い浮かべてしまいました(笑)

なんでこんなことになっちゃったんだろう?

と思い続けた2年間でした。

まさに高2の夏の面談で、担任の先生にいきなり

「このままじゃ、東大に受からないよ!どうするの!やる気あるの?!」

と言われ・・・・・

東大?誰が??

すると横にいた息子が

「(やる気)あります」

は?? あんた、東大行くの?

青天の霹靂とはまさにこのこと・・・・・

なぜ?なぜ? 東大に行って、どうするの?何するの? と、散々聞いた私。

どうやら先生の話の様子では、死ぬ気で勉強しないと息子の実力じゃとても受からないのに
野球で忙しいし、授業中は寝てるし、模試の結果も悪いし、やる気あるのか?ということらしい・・・

じゃあ、野球やめるの?

と、私が聞くと、それだけは「やめない!」ときっぱり。

じゃあ、東大やめるの?

と聞くと、それもやめない と言う。

そうやって決意をして、放課後の難関大課外クラスで2年間やってきました。
(2年間といっても、3年の7月まで野球があったので、ずっと身を入れてやったのでは
ないと思いますが・・・・)

まさか自分の子供が東大を目指すことになろうとは・・・・・
これもひとつの「洗脳」だ~~ と、先生たちを恨めしく思っていた2年間でした。

地方の高校は「国立至上主義」なので、校内の成績上位者には必ず薦めるんですよね。
特に息子のように、「大学で何がしたいかわからない」 という子には「東大を薦める」という
セオリーがあるようで・・・・・(東大は2年生まで学部決めなくていいので)

まさに実力もそれほどないのに、「洗脳」の結果、ここまで流れてきたのですが・・・・・


12月の面談では

「引退してから伸びると思ったけど、伸びきれんかったね。浪人したら受かるかも
しれないけれど・・・・・」

と言われましたが、あまりに本人の意思が固く、浪人覚悟で前期後期とも東大で出願することに決めました。
(本人が、他の国立はピンと来なかったせいもありますが)

センター試験が難しかったので、11人いた東大志望者も6人に減り
息子は数学がダメだったものの、総合で9割の目標はクリアしていたので
そのまま前期後期とも東大で出願しました。

その時点では、「もしかしたら・・・」と先生ともども淡い期待を抱いたし
本人もその期待があったと思いますが・・・・・

結果、やっぱりダメやった~~

経験者すべてに言われていた、「判定は嘘つかない」
これ、本当のことになってしまいました。

でもね、後期東大受けた子って、日本でもあまりいないと思うので
貴重な経験できたなあ・・・・と思います。
前期は息子でも受けられたんだから、そう珍しくはないと思うけれど
後期は本当に優秀な子はいないだろうし、浪人生は回避するから

残った子はうちの息子のように
「何がなんでも行きたい!」

という、ある意味バカ?みたいな子なのかなあ・・・と。

あんな過酷な「鬼畜問題」と言われる、東大後期を受けただけでも
誉めてやりたいです。

よくやったね

でも、この国立至上主義は地方だけなので
どうか目を覚まして、早稲田に行って欲しい・・・・とやっぱり思ってしまう私です(笑)

それでもここまで夢を見させてくれたのは、先生たちのおかげなので
本当に感謝しています。
たぶん、自分の家庭まで犠牲にして、息子たちのために尽力してくださったと思うので・・・・・
結果を出せなかったのは申し訳なかったけれど、本当に感謝しています。
[PR]
by juntumai | 2013-03-14 09:27 | こどもたち