日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

ありがとう修学旅行

次男が修学旅行に行ってきました。

去年の宿泊学習では、笑顔もなく、日程をこなすだけで精一杯
でしたが・・・・

今年は行く前から色々楽しみにしていて、自分でインターネットで
事前に色々調べて準備万端!

支援級の先生も、後ろ髪引かれる思いだったそうですが
「他の子を捨てて、私はR君に付いていきます!」と言ってくれて

あまりに気の毒なので、次男に

「先生がついていかなくてもいいんじゃない?
僕は大丈夫ですって言えば?」 と言ったら

だまーーーーってしまったので
「やっぱり付いていって欲しいんだ」
と改めて思った次第。

自分ひとりでも大丈夫かもしれないけれど、やっぱり
後ろを振り返ったときに先生がいてくれたら安心できる・・・・
という感じなのでしょう。

事実、そのとおりになったようです。

だいたいはだいじょうぶだけれど、不安になったときに
先生を探しているような感じだったので、「いつも視界の隅に
入るように行動していました」
と先生。

そういうわけで、自信をもって安心して色々行動できたようです。

何よりも先生が嬉しく思ってくれたのは、自分で友達に
色々聞いていたこと
(これがなかなか出来なかった6年間でした)

友達に誘われて?お部屋で悪さをした時も
怖い男の先生の前で、しどろもどろになりながらも
言い訳できていること

そんなことに、支援級の先生と交流級の先生で
成長を感じてくれたそうです。
(家でもしょっちゅう、最もらしい言い訳をしていますが
私も怒りながらも内心は「口ごたえできるようになったんだ」
と嬉しく思いながら怒ってます 笑)

最終日は絶叫系アトラクション満載のテーマパークでした。
実はこれが一番心配だったのです。
なぜかというと、今年から事前にグループ分けされて
次男のグループは絶叫系大好き人間ばかり・・・・

絶叫系、長男も長女もダメです。
パパもダメ。
私は出産してからダメ

そんな家族なので、いままで絶叫系アトラクションなど経験させたことが
なかったんです(宮崎ではそんなのないし~)

(余談ですが、長男は大学の友達と富士急ハイランドにいったが
何も乗らなかったという・・・・・・まさにヘタレ男です)

経験したことないものはただでさえ怖いのに・・・・だけど友達が
乗るといったら自分も乗らなきゃ と思っているのが心配で・・・

「みんなが乗っても、乗りたくなかったら出口で待っていればいいんだよ」
とか
「もしダメだったら、先生とお土産買いに行けばいいんだよ」
とか

色々事前にいいましたが、本人はテーマパークの動画を事前に見て
楽しみ半分不安半分。でも乗りたい気持ちのほうがちょっと強い
ってとこかな

結果、かなり乗りました!!
すごい、チャレンジャー!!

d0220848_19183873.jpg

(支援級の先生が撮ってくれた写真)

あれだけ乗りたがっていた恐竜のコースターは、直前の立ち乗りコースター体験で疲れたのか
乗らずに出口へ・・・・

自分だけ乗らないのか とがっくりしていたそうですが、
同じグループのもうひとりの子も出口に
いたので、自分から
「○○くんも、乗らないの?」と話しかけ
さらに降りてきた子に「どうだった?と聞くと、
「さっきのよりはスピードが遅かったから、R君も大丈夫だと思うよ。
もう1回乗ろうか?」とみんなが言ってくれたので喜んで乗りに行ったら

・・・・降りてきたとき、次男、無表情(レポより) 笑

(レポートを読むと、成功体験は私に嬉しそうに話していますが
ダメだったことや、怒られたことは全く話してません。
そりゃそうだよね。子供はみんなそうだ~)

レポートの最後の先生の言葉

「私が一緒に行かなくても、Rくんはちゃんとやれたと思います。
でもこんなに頑張っているR君の姿を見せてもらえて本当に嬉しかった。
Rくんと一緒に修学旅行に行けて幸せでした。ありがとう」

に、涙涙でした・・・・・

6年間の総決算の修学旅行が、楽しい思い出で本当によかった。

皆さんにありがとうございます という気持ちです。
[PR]
by juntumai | 2014-11-22 19:24 | 次男のこと